社会保険労務士は非常に人気の高い国家資格の一つでもあります。

転職はもとより、就職においても社会保険労務士の資格を有していることで能力的に高く評価されます。

社会保険労務士は国家資格になりますので、当然のように社会保険労務士になるための試験と言うものがあります。

社会保険労務士の試験は毎年8月第4日曜日に全国で行われ、労働基準法及び労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、雇用保険法、労働保険の保険料の徴収等に関する法律、健康保険法、厚生年金保険法、国民年金法、労働管理その他の労働及び社会保険に関する一般常識の中から出題されます。

社会保険労務士試験の合格基準は、満点の60~70%の得点が目安とされています。

あくまでも最低ラインとしての話ですので、高ければ高いほどいいのは間違いありません。

社会保険労務士の試験を受けるのは誰でも受けることが出来るわけではなく、ある一定の受験資格をクリアした者のみが受験することが出来ます。

その中でも社会保険労務士、或いは弁護士、弁護士法人業務に事務などで3年以上の勤務実績を持つ者というものがあります。

ある程度の法律家としての知識と経験のある方が社会保険労務士の試験を受けることが出来るということになります。